トピックス& 展示会 > プレスリリース

プレスリリース (平成18年7月14日)

第36回 機械工業デザイン賞 日本商工会議所会頭賞 CUBLEX-25

第36回 機械工業デザイン賞 日本商工会議所会頭賞 を2年連続受賞

5軸複合マシニングセンタ CUBLEX-25 が、第36回 機械工業デザイン賞 日本商工会議所会頭賞を受賞したことをお知らせします。 日本商工会議所会頭賞は、2005年度に5軸制御立形マシニングセンタ MAM72-63V PC2 が受賞しており、2年連続で松浦機械製作所の受賞となりました。

機械工業デザイン賞は、日刊工業新聞社が経済産業省の後援、日本商工会議所、各工業団体の協賛を得て毎年行われています。受賞した多くの製品は、時代のデザインの方向性を 示唆する先端的製品として高く評価されています。

審査対象は、主として生産財を対象としており、製品の品質や安全性に力点が置かれていますが、合わせて性能向上や産業振興のために新しいデザインの在りようを明らかにしていくことを目的としています。


5軸複合マシニングセンタ CUBLEX-25 の特長

5軸複合マシニングセンタ CUBLEX-25 PC2

1. 3つの機能を1台に集約 (複合化)

① 5軸マシニング ② 横(立)旋削 ③ 研削

① 5軸マシニングセンタをベースとする「5軸マシニング機能」

② 主軸を特殊な機能で固定し円テーブル(回転軸)を高速に回転させることで実現する「旋削機能」

③ 主軸と円テーブルの同時回転で実現する「研削機能」

ビデオ概要 : ① 5軸マシニング ② 立旋削-横旋削 ③ 研削

VIDEO 5軸複合マシニングセンタ CUBLEX-25 によるサンプル加工例(① 5軸マシニング ② 立旋削-横旋削 ③ 研削) ビデオファイル(MPEG-1 : 51秒 : 8.8 MB)


2. 5軸マシニングの性能100%維持 (5軸化)

5軸制御マシニングセンタをベースとすることで、従来の旋盤ベースの複合加工機に比べマシニングの性能を100%維持しているため、より高速・高精度の加工が行え、 無人化対応のための工具本数・パレット枚数等の拡張も可能。

工具本数は最大240本まで対応可能
パレット枚数はPC2、PC10、PC40まで対応可能

3. ダイレクトドライブモータ駆動円テーブル(マツウラ独自開発)

マツウラ独自の主軸とテーブル

円テーブル(C軸)には、マシニング機能と旋削機能を両立させるように特別に開発したダイレクト・ドライブモータを採用。

マシニングに必要な高精度位置決め・旋削加工に必要な高速回転機能を同時に実現。

C軸最高回転数(旋削モード) 3,000 min-1
C軸送り速度(マシニングモード) 200 min-1

4. 安全性/操作性

機械正面と側面のダブルでアクセスが可能

オペレータドアに強化ガラスとポルカーボネイトの合せガラスを採用し、ワークや刃物が外れて飛ぶなど万一の場合にもオペレータの安全を確保。

段取り台側とオペレータ側からのダブルアクセスが可能な機械構造で5軸立形機でも操作性が抜群。


5. 多彩なユーザニーズに対応(無人化)

省スペース・長時間連続無人運転・変種変量に対応した機械システムを提供。

工具マガジン 40本、80本、120本〜240本 (増設可能)
C軸送り速度(マシニングモード) パレットチェンジャ無(標準)、PC2、PC10、PC40

6. 意匠

3つの機能をコンパクトに集約
「5軸マシニング」「旋削」「研削」と3つの機能を持ちながら従来の5軸マシニングセンタと変わらないコンパクトな機械サイズを実現。

ダブルアクセス
一般的な5軸立形機では機械正面にしかドアがなく、大きな4/5軸テーブルがあるためワーク・主軸の段取り性に問題があります。 機械正面だけでなく機械側面にもドアを設けるデザイン(ダブルアクセス)とすることでオペレータの段取り作業の負荷を格段に低減させています。


[会社紹介]受賞暦ページもご参照ください。