マツウラは品質工学を積極的に活用して製品開発を行っています。

[トピックス& 展示会] > [特集] 品質工学 > 2-2 SN比

目次

品質工学のステップ
1. システム選択
2. パラメータ設計
2.-1 基本機能
2.-2 SN比
2.-3 直交表 L18
3. 許容差設計

[特集] 品質工学

2-2 SN比

SN比が大きいほどシステムが安定している。

SN比のSはシグナル(信号)、Nはノイズ(誤差)の意味からきていますが、 信号(入力値)が大きいほど、誤差(ばらつき)が小さいほど、S/Nが大きくなりシステムが安定することを意味します

品質工学では、品質を考えるのではなく、基本機能のSN比を考えるところがポイントです。

さて、SN比を最大にする条件(パラメータ因子)を、実験から求める段階になりました。 実験表である 直交表 L18 を活用します。

では、2. パラメータ設計の 2.-3 直交表 L18 をご説明します。


マツウラNEWS!(2005年05月号)記事「品質工学会 第15回企業交流会をマツウラにて開催」をご参照ください
マツウラの品質工学による事例研究サイトもご参照ください。

マツウラの品質工学への取り組みが書籍で紹介されています。 おはなし品質工学  超・成功法  逆説の技術戦略

品質工学会の公式サイトは、http://www.qes.gr.jp です。

マツウラの品質工学に関するお問い合わせは、webmaster@matsuura.co.jp でお願いします。