マツウラは品質工学を積極的に活用して製品開発を行っています。

[トピックス& 展示会] > [特集] 品質工学 > 品質工学のステップ

目次

品質工学のステップ
1. システム選択
2. パラメータ設計
2.-1 基本機能
2.-2 SN比
2.-3 直交表 L18
3. 許容差設計

[特集] 品質工学

品質工学のステップ

品質工学による技術開発のステップは次の通りです。

品質工学は、従来方法(アイデア/問題に対する製品化/解決のステップ)と比べて、 実験時間を短く、良し悪しの判断をすぐにできることが大きな特長です。

マツウラでは、品質工学の中心であるパラメータ設計を利用して、お客様の様々な使用環境を考え、 最適な条件による設計と信頼性の高い技術開発に取り組んでいます。

では、1. システム選択 からご説明します。


マツウラNEWS!(2005年05月号)記事「品質工学会 第15回企業交流会をマツウラにて開催」をご参照ください
マツウラの品質工学による事例研究サイトもご参照ください。

マツウラの品質工学への取り組みが書籍で紹介されています。 おはなし品質工学  超・成功法  逆説の技術戦略

品質工学会の公式サイトは、http://www.qes.gr.jp です。

マツウラの品質工学に関するお問い合わせは、webmaster@matsuura.co.jp でお願いします。