[会社紹介 & お問い合せ] > 会社紹介 > 会社沿革

会社紹介

会社沿革

年代事項
1935年松浦機械製作所を福井市に創設、旋盤の生産・販売開始
1957年フライス盤の生産・販売開始
1960年法人に改組、株式会社松浦機械製作所を設立
1961年電気式プログラム制御自動フライス盤の生産・販売開始
1964年数値制御自動フライス盤の生産・販売開始、名古屋営業所開設
1966年大阪営業所開設
1968年現本社工場所在地へ工場移転
1972年数値制御自動ボール盤生産開始
1974年立形マシニングセンタ生産・販売開始
1975年立形マシニングセンタ米国ヘ輸出開始
1981年超高速マシニングセンタの生産・販売開始
2軸立形マシニングセンタ生産・販売開始
1983年横形マシニングセンタ生産・販売開始
1985年武生工場(アイ・エム・エヌ株式会社)新設
1986年北関東営業所開設
1988年加国エリオットマシナリー(カナダ)社設立、南関東営業所開設
1991年英国マツウラ・テクニカル・センター設立、東京フォーラムセンター開設
1993年マシニングセンタ出荷累計10,000台達成、独国マツウラマシナリー社設立
1994年ISO9001取得(品質マネジメントシステム)
1998年ISO14001取得(環境管理マネジメントシステム)
(株)オイクリッド・ジャパン設立
1999年リニアモータ搭載超高速高精度立形リニアモータマシンの生産・販売開始
2000年OHSAS18001(労働安全衛生衛生マネンジメントシステム) 取得
2001年マシニングセンタ出荷累計15,000台達成
マツウラ・ヨーロッパGmbH設立
2002年米国MMTS株式会社設立、金属光造形複合加工機の開発
2003年金属光造形複合加工機の生産・販売開始
2004年金属光造形複合加工機「M-PHOTON25C」が「第33回日本 産業技術大賞・文部科学大臣賞」受賞
2005年5軸制御立形マシニングセンタ「MAM72-63V」が第35回機械工業デザイン賞/日本商工会議所会頭賞を受賞
5軸制御マシニングセンタに旋盤・研削機能を付加した5軸複合マシニングセンタ「CUBLEX-25」を開発
2006年経済産業省が発刊した「元気なモノ作り中小企業300社」にマツウラも選定される
5軸複合マシニングセンタ「CUBLEX-25」が「第36回機械工業デザイン賞/日本商工会議所会頭賞」を受賞
5軸制御立形マシニングセンタ「MAM72-42V」販売開始
2007年代表取締役社長に松浦勝俊が就任
金属光造形複合加工機「LUMEX Avance-25」が「第37回機械工業デザイン賞/日本商工会議所会頭賞」を受賞
新型横形マシニングセンタ「H.Plus-300」を販売開始
製品マークを発表
2008年 横形マシニングセンタ「H.Plus-300」が「第38回機械工業デザイン賞/日本商工会議所会頭賞」を受賞
新テクニカルセンター完成
新型横形マシニングセンタ「H.Plus-405」を受注開始
5軸複合マシニングセンタ「CUBLEX-42」を受注開始
新型5軸制御立形マシニングセンタ「MAM72-63V」を受注開始

マツウラNEWS!のバックナンバー(2000年01月号〜)もご参照ください。