CAD CAM ソフト GibbsCAM

[製品紹介]> CAD/CAM> GibbsCAM> 新バージョン情報

 

 


GibbsCAM 2010 V9.5.1

GibbsCAM 2010のリリースはシステム全体の品質、信頼性、性能の強化を続けています。システム全体を通じて製品強化や多くのバグ修正が行われ、それらにより既存のメンテナンス加入ユーザーや新規ユーザーに継続的価値を提供しています。

※ 一部の新機能の中には既に最終マイナーバージョン(V9.3.17)で対応しているものがあります。


新機能

システム

Windows 7 に対応

- RAMのより効率的な使用
- ジャンプリストが追加されてデザインが新しくなったタスクバー
- 複数の記憶場所に渡るファイルの整理を簡単にするライブラリ

64ビットネイティブバージョンの導入

- より多くのメモリーの処理やより大きく複雑な部品のプログラムが可能

インターフェース

WindowsエクスプローラープレビューペインやサムネイルにGibbsCAM部品情報(Windows 7 and Vista)

Op挿入

- マルチフロー部品の同期化を維持しながら新しい操作を差し込む場所を制御可能

Tool Simモードで隠線ツールパス

多生産性のためのマウス右クリックメニューの変更

-図形:点変換、方向反転
-エッジ:エッジ抜粋
-solids:ボディタイプ、エッジ抜粋、選択された履歴のクリア
-選択・選択解除のサブメニュー





ミーリング

HSK32A、HSK25A、Captoツールホルダーへの対応

高速機械加工>ヘリカル座ぐり加工プラグインの新機能:“早送り進入”



5-Axis

アップデートされた5軸ライブラリ

インペラ荒加工の改良

面取りやサイドカッターの工具使用

 

 

VoluMill

新機能

VoluMillの高速荒加工は素材の除去率を最大化し、工具負荷を一定化。これによりサイクルタイムを軽減し工具寿命を延長。

ソリッド加工

新機能: プランジ荒加工プロセス

Advanced 3Dダイアログの強化

- “最短経路”や“最小垂直戻り”等の戻りスタイルでの“最高切削送りを使用”固定
- ボールエンドミル加工の加工幅を加工幅やリッジ高さとして定義可能
- わずかな角度差に対する“平面加工”の強化
- バウンダリー形式:“ストックバウンドリングボックス”追加
- ポケット加工機能:“平面認識”
- 輪郭加工機能:“傾斜長さでトリム”
- ストックマネージメント“ワークピースディフォルト”追加

ソリッドポケット加工でファセットボディをストック使用可能

プランジ荒加工(クリックで画像を拡大)

傾斜長さでトリム(クリックで画像を拡大)

Multi Task Machining (MTM)

同期コントロールダイアログ-同期化オペレーションのドラッグ

同期コントロールダイアログの“取り消し/やり直し”対応

同期コントロール(クリックで画像を拡大)

Wire EDM

グルーストップ新機能の追加

待避後にワイヤー周辺の素材除去オプション

Agie Classic/Evolution型機械に対して、ユーザーによるカスタマイズ可能な切削条件

マクロ

マクロメニューを最上段へ移行

GibbsCAM再起動なしのマクロの追加/編集

5軸とAdvanced 3Dプロセスへの対応

プラグイン呼び出しへの対応

マクロメニュー(クリックで画像を拡大)

データ交換及びCAD相互運用性

Autodesk Inventor Add-In -32ビットと64ビットバージョン

Autodesk Inventor 2010 Add-Inインターフェイス

CATIA Reader V5 R19サポート

CimatronE 9.0 Add-Inインストレーション

KeyCreator import V8.0サポート

Pro/ENGINEER Wildfire 5.0

STEP GRANITE V6

SolidWorks Add-In -32ビットと64ビットバージョン- SolidWorks2010

バグフィックス

V9.3.17→V9.5.1

オープンポケット加工の一部ケースで外側から進入しない不具合を修正。

5-Axisツールパス計算においてメモリー使用量がオーバーする不具合を修正。

一部のWindosXPシステム上で、5-Axisダイアログの動作が遅くなる不具合の対策。

一部システムにて、GibbsCAM起動中にOSが落ちてリセットがかかる不具合の対策。


FAQ(よくある質問)

内容物について

パソコンにDVDドライブが無いため、CD-ROMまたはダウンロード版が欲しいのですが。

GibbsCAMではV9(V9.3)からDVDメディアでの配布となりました。移行猶予のための措置として前回のV9.3ではダウンロード版の提供を行なっておりましたが、今回のV9.5からDVDメディアのみの配布となり、それ以外の媒体による配布を行なう予定はございません。
パソコンにDVDドライブを増設するか、パソコン本体の更新をご検討ください。

印刷された取り扱い説明書はありませんか?

DVDメディア内にPDF形式で収録された電子マニュアルのみとなっております。
電子マニュアルはプリンタにて印刷が可能ですのでお客様にて印刷していただきますようお願い致します。

インストールについて

バージョンアップインストールの作業は難しくないですか?

現在ご使用中のパソコンに既にGibbsCAM V9.3がインストールされており、そのパソコンにV9.5をバージョンアップインストールする場合は簡単です。

64bit版GibbsCAMのインストールはどのようにして行ないますか?

特別な操作は必要ありません。お使いのシステムが64bit版のWindowsVistaまたはWindows7の場合はインストールの途中で64bit版と32bit版のどちらをインストールするかを訪ねてきます。

ライセンス認証について

V9.5ではライセンス認証が必要ですか?

基本的に必要ですが、現在ご使用中のパソコンに既にGibbsCAM V9.3がインストールされていてその時にライセンス認証を済ませている場合は必要ありません。V9.3のライセンスでそのままV9.5をお使いいただけます。

新しいパソコンに新規にGibbsCAM V9.5をインストールします。ライセンス認証が必要ですか?

基本的に必要ですが、V9.3が稼働しているパソコンからライセンスファイルを移してこればライセンス認証をパスする事が可能です。